これだけはやめとけ!買ってはいけない加圧シャツ2選

勝ってはいけない加圧シャツ2選

加圧シャツは種類がたくさんあります。

 

どの加圧シャツがいいのか迷ってこのサイトにたどり着いた方もいると思いますが、なかには買ってはいけない、買うべきではない加圧シャツもあります。

 

この記事では買ってはいけない加圧シャツを2種類紹介します。

 

ウルトラシックス

 

ひとつめは「ウルトラシックス」です。

 

比較的有名な加圧シャツですが、「ウルトラシックス」は公式サイトの信憑性が低いんですよね。

 

公式サイトに、公式サイトで「アメリカRX筋トレ理論」超越、「米国最新筋肉向上委員会」最大評価と書かれているんですが、「アメリカRX筋トレ理論」も「米国最新筋肉向上委員会」も聞いたことがありません。

 

ググっても出てきませんし、架空の理論や委員会をでっち上げている可能性があります。

 

こうなると、加圧シャツ自体の効果も信用できませんよね。

 

「ウルトラシックス」は安いですし、スパンデックスの配合量も多い加圧シャツですが、失敗したくないなら避けるべきでしょう。

 

トランスホーマー

 

もうひとつは「トランスホーマー」です。

 

「トランスホーマー」も「ウルトラシックス」と同じく、公式サイトの信憑性が低い加圧シャツです。

 

公式サイトでは、「アメリカボディメイク協会(A.M.B.S.)」の会長ロバート・エヴァンスさんも大絶賛とのことですが、「アメリカボディメイク協会(A.M.B.S.)」なんて聞いたことがありません。

 

「トランスホーマー」が掲載されたという米国ビルドアップ誌「muscular」も、やはり聞いたことがありませんし、どちらもググっても出てきません。

 

「トランスホーマー」もまた、架空の協会や雑誌をでっち上げている可能性があります。

 

もしかしたら加圧シャツの効果も嘘かもしれません。

 

やはり、買ってはいけない加圧シャツだといえるでしょう。