おすすめの長袖の加圧シャツ

おすすめの長袖の加圧シャツ

 

加圧シャツは基本的に半袖です。冬はもちろん、夏もインナーとして年中着用できるように、ですね。

 

ただ、冬はヒートテックインナーの代わりのように使いたいという方もいると思うので、おすすめの長袖の加圧シャツを紹介…したいのですが!

 

心からおすすめできる加圧シャツは全部半袖なんですよね。

 

半袖でも二の腕にはしっかり筋肉がつきますし(身をもって体験済み)、身体にぴったりフィットするので想像以上に暖かい、冬のインナーとしても十分です。加圧シャツの上からヒートテックインナーを着てもいいですし。

 

おすすめの加圧シャツのブランドは、長袖の加圧シャツを取り扱っていないので、その点を踏まえた上で長袖の加圧シャツを紹介します。

 

トランスホーマー

 

「トランスホーマー」は、有名な加圧シャツの中でも数少ない長袖の加圧シャツです。

 

加圧力を生み出す繊維「スパンデックス」の混紡率も10〜20%と高く、加圧力も強めです。

 

ただ、「トランスホーマー」は公式サイトの信憑性が低く、加圧シャツ自体の効果にも不安があります。

 

信憑性の低さについては、「トランスホーマー」解説記事や「買ってはいけない加圧シャツ2選」で解説しています。

 

マイナーブランド


聞いたこともないマイナーなブランドの加圧シャツであれば、長袖を取り扱っているところもあります。

 

楽天やAmazonなどで「加圧シャツ 長袖」などで検索すると出てくる加圧シャツですね。

 

当然ながら品質は微妙で、加圧力が弱かったり、すぐに伸び切ってしまったりするものがほとんどです。

 

私も楽天・Amazonで3〜4種類買いましたが、今も使っているものはありません。

 

絶対に買うなとは言いませんが、おすすめはできませんね。

「低品質な長袖」より「高品質な半袖」を

 

正直、「低品質な長袖」を買うくらいなら、「高品質な半袖」を買ったほうがいいと思います。

 

本来の目的は「長袖のシャツを買うこと」ではなく「加圧シャツで痩せる、筋肉をつけること」のはずなので、本来の目的を見失わないようにしましょう。

 

低品質な長袖の加圧シャツを買って、結局効果がなかったとなっては本末転倒ですからね。

 

金剛筋シャツ」の長袖が出たら速攻で買うんですけどね〜。