加圧シャツはガリガリでも大丈夫?「Sサイズ」はあるの?

加圧シャツは痩せてても大丈夫なのか

加圧シャツは痩せてても、ガリガリでも細マッチョに、ソフトマッチョになれるのか。

 

痩せていても加圧効果を感じられる「Sサイズ」はあるのか。

 

この2点について詳しく解説します。

 

加圧シャツは痩せていても大丈夫

 

まず、加圧シャツは痩せていても大丈夫です。

 

根拠は、加圧シャツの仕組みにあります。

 

加圧シャツの「筋トレ効果」の仕組み

  1. 加圧シャツで血流量を適切に制限
  2. 血流量が制限されることで乳酸濃度が高まる
  3. 加圧シャツを脱ぐと、溜まっていた乳酸が体内に流れる
  4. 脳下垂体が反応し、成長ホルモンが分泌される

 

加圧シャツは成長ホルモンを効率よく分泌させることで筋トレ効果を得ることができる仕組みなので、太っていようが痩せていようが、筋トレ効果を得ることができます。

 

ただ、それはあくまで加圧効果を感じられればの話。

 

加圧シャツのサイズが大きすぎて加圧効果を感じられなければ、筋トレ効果を得ることもできません。

 

そこで「Sサイズ」など小さめのサイズの加圧シャツはあるのか、という話に移ります。

 

「Sサイズ」の加圧シャツもあるが…

 

結論から言うと「Sサイズ」を用意している加圧シャツもあります。

 

楽天やAmazon(アマゾン)で「加圧シャツ S」とかで検索すると出てきます。

 

ただ、「Sサイズ」を用意している加圧シャツは、聞いたこともないマイナーな加圧シャツばかりです。

 

TVや雑誌、SNSなどで話題になっている人気の加圧シャツは、「Sサイズ」がないものがほとんどなんですよね。

 

そこで、おすすめなのが「金剛筋シャツ」です。

 

「金剛筋シャツ」は当サイトでも最も人気の加圧シャツなのですが、伸縮性が断トツで高いので、元のサイズも小さめに設計されているんです。

 

 

いちばん右が「金剛筋シャツ」です。

 

このサイズであれば、ガリガリに痩せていても十分な加圧効果を感じることができます。

 

正直、最初に見たときは「え!?こんなの小さすぎて着られないよ!」と思いました(笑)

 

が…

 

 

「金剛筋シャツ」は驚くほど伸縮します。

 

聞いたこともないマイナーな「Sサイズ」の加圧シャツを買うよりは、有名で効果を実感している人が沢山いる「金剛筋シャツ」を買ったほうがいいでしょう。

 

もちろん「マイナーな加圧シャツは絶対に買うな!」とは言いません。

 

ただ、失敗しなくないなら「金剛筋シャツ」を選ぶと安心です。

 

「金剛筋シャツ」徹底解説

 

【公式サイト】「金剛筋シャツ」の購入はこちら